スズメバチの巣を駆除して安全を確保しよう

作業員
このエントリーをはてなブックマークに追加

鳥から家を死守する

ハト

民家に巣を作る鳥がいます

街中で姿を見かけることが多い鳥の代表格といえば、カラス・鳩・雀の3種類です。このうちのカラスや雀は、人間が住む家に巣を作ったりはしません。しかし、鳩は民家に巣を作ることがしばしばあります。鳩は、三方向を壁で囲まれている場所がとても好きです。天敵に狙われにくく、雨風も凌ぎやすいというメリットがあるためです。民家で狙われやすいのは、ベランダや雨どい、戸袋などです。最近では、屋根と太陽光発電システムの隙間に巣が作られるケースも増えてきています。鳩は鳥獣保護法で保護されている鳥ですので、巣を作られてしまうと人間は手出しすることができなくなってしまいます。捕獲したり駆除したりすることはもちろん、巣を撤去することも法律で禁止されています。簡単に言うと、鳩がその巣を捨てて飛び去ってくれるまでじっと待ち続けるしかないということになります。そんなことになってしまっては大変ですので、できるだけ早い段階のうちに駆除対策を講じるのが望ましいです。

具体的な方法

一口に鳩の駆除対策といっても、被害状況に応じて対策方法を変える必要があります。忌避スプレーやワイヤー設置などの対策が有効なのは、ごく初期の段階だけです。鳩が夜間まで家のベランダに滞在するようになってからベランダの手すりにワイヤーを張っても、何の意味もありません。また、忌避スプレーは効果持続時間があまり長くありませんので、鳩がそこを自分のテリトリーと認識するようになってから使用しても、ほとんど効果がありません。鳩がすっかり居着いてしまった段階で駆除効果が得られるのは、全面にネットを張って物理的に侵入経路をなくしてしまう方法くらいです。これは最終手段とも言える対策方法ですので、そこまでいってしまう前に何とか鳩を寄せ付けなくするのが得策です。