スズメバチの巣を駆除して安全を確保しよう

作業員
このエントリーをはてなブックマークに追加

庭で蟻が増え過ぎた時は

蟻

巣を突き止め女王蟻を退治

庭に蟻が増え過ぎた時は、アリ駆除を行いましょう。アリ駆除を中途半端に終わらせないためにも、目についた蟻に殺虫剤を吹きかけるだけの対策では不十分です。目立つ蟻を退治しても、女王蟻が残っていたら新しい卵をどんどん産んで仲間を増やしてしまいます。従って、アリ駆除を行う時はまず蟻の巣の場所を特定し、中に住む女王蟻をやっつけなくてはなりません。行列をつくる蟻が進む方向を辿り、巣を見つけたら巣穴に直接スプレータイプの殺虫剤を吹き込んで下さい。しばらく噴射し続けると女王蟻が巣から這い出て来るはずです。女王蟻さえ仕留めれば、他の蟻は必ずしも退治しなくても構いません。なぜなら、普通の蟻の寿命は1週間ぐらいしかないので、女王蟻を退治し巣穴を壊せば1ヶ月以内に蟻が自然に激減するからです。反対に、巣と女王蟻を残しておけばいつまでも蟻は増え続ける一方です。

家の中に侵入したら問題

蟻は日本にもよくいる虫なので、一匹や二匹庭で見つけても慌てることはありません。庭に植物や木を植えている場合、蟻が増えると被害を被るのではないか、と心配になるかも知れませんが、普通の蟻なら多少繁殖しても問題ありません。シロアリは庭の木を齧り衰弱させる恐れがありますが、普通の黒い蟻はそういった悪さはしません。けれど増えた蟻が家の中に侵入するようなら、注意しなくてはいけません。家の中に蟻がいると気持ちが悪いものですし、食べ物を狙って袋を齧る恐れもあるので放置は禁物です。庭の蟻が家の中に入って来た、と思い込んでいたら、家の中に巣を作られていたケースも少なくありません。家の中で蟻をよく見かける時は本格的なアリ駆除に取り組み、建物内部も含め巣を突き止めて女王蜂を退治しましょう。